--invalidation-mode [timestamp|checked-hash|unchecked-hash]

生成されたバイトコードファイルを実行時に無効にする方法を制御します。timestamp値は、ソースのタイムスタンプとサイズが埋め込まれた.pycファイルが生成されることを意味します。checked-hashunchecked-hashの値により、ハッシュベースのpycが生成されます。ハッシュベースのpycsは、タイムスタンプではなく、ソースファイルの内容のハッシュを埋め込みます。 Pythonが実行時にバイトコードキャッシュファイルを検証する方法の詳細については、キャッシュされたバイトコードの無効化を参照してください。デフォルトは、SOURCE_DATE_EPOCH環境変数が設定されていない場合はtimestampSOURCE_DATE_EPOCH環境変数が設定されている場合はchecked-hashです。

関連読書

compileall—Pythonライブラリのバイトコンパイル